◆ 最新情報






『帽子アラカルト』では、帽子に関するいろいろなことを掲載していきます。

帽子の用語<基礎編> 帽子のエチケット
帽子の選び方、エトセトラ! 帽子の手入れ方法
帽子のサイズについて 帽子の品質表示について



ブレード(ひもで編んだ帽子)夏物帽子(パナマや麻などの帽子)

編み目の間やリボンのほこりをよくはらい、汗などの汚れは早めに、ぬるま湯を絞った布でふき取り、乾いた布でふいてから乾かします。
また、手あかなどの軽い汚れは、消しゴムかパンでこするとよいでしょう。
フエルトの帽子

ほこりがつきやすいので、日頃からよくブラシをかけます。
ブラシは“の”の字と反対方向に毛並を整えるようにします。
軽い汚れはパンでこすり落とし、ひどい場合は、ベンジンでふき取るか、ブラシで落とします。
布地の帽子

材質・形によって様々ですが、一般的にはブラッシング、または軽くたたいてほこりをはらう手入れが適しているようです。
また、ウールや絹などはベンジンでふき取ります。
皮の帽子

ブラシでほこりを取り、表皮の汚れは、消しゴムかぬるま湯の石鹸液を使って落とし、乾いてから皮用クリームで光沢を出します。
スエードは、生ゴムの消しゴムでこすり、金属のブラシで起毛させます。
▲TOP



サイズの計り方


自分の頭の大きさの計り方は、前頭部から横の耳の付け根より約指2本並べた上を通り、後頭部へ。平らに一周を計った長さが、自分の頭のサイズになります。

帽子では、通常クラウンの内側の下辺にスベリがついているので、その内周が帽子の大きさ(サイズ)となります。実寸法は表示サイズよりプラスマイナス5mm 以内ということになっています。
帽子のサイズ表示

日本の表示(cm) 51 52 53 54 55 56 57 58 59
イギリスの表示
(インチ)
61/4 63/8 61/2 65/8 63/4 67/8 7 71/8 71/4
アメリカの表示
(インチ)
63/8 61/2 65/8 63/4 67/8 7 71/8 71/4 73/8



SS S M L LL
婦人帽(cm) 54.5 56.0 57.5 59.0 60.5
紳士帽(cm) 53.5 55.0 56.5 58.0 59.5

上記サイズは、基本ですので、なるべく御本人が試着して合うものをお選び下さい。

▲TOP



『東京都告示第766号』(昭和54年7月告示)による「家庭用品品質表示法」に基づいて、現在私共東京帽子協会会員の製造する帽子には、以下の事項が表示されています。

1. 表生地の繊維の組成
2. 取扱方法
3. 事業者の氏名または名称
4. 原産国表示

この東京条例の趣旨は、消費者に対して適切な情報を提供することにある訳です。その趣旨にのっとり、私共東京帽子協会会員各社の製造する帽子には、消費者の皆様の特に関心が深いと思われる「2. 取扱方法」について洗濯標準絵表示を注意をもって行っております。

帽子という立体をもった構造品の性格上、洗濯後に完全な原形を保つことはかなり難しいことですが、出来うる限り良い方法をと考え実施しております。


洗濯標準絵表示について
1)洗い方<水洗い>
番号記号記号の意味
104 液温は40度を限度とし、洗濯機の弱水洗又は弱い手洗いが良い。
105 液温は30度を限度とし、洗濯機の弱水洗又は弱い手洗いが良い。
106 液温は30度を限度とし、弱い手洗いが良い。(洗濯機使用不可)
107 水洗いは、できない。
108 液温は30度を限度とし、弱い手洗いが良い。(但し、中性洗剤を使用)

2)塩素漂白の可否
番号記号記号の意味
202 塩素系漂白剤による漂白は、できない。
3)アイロンの掛け方
番号記号記号の意味
304 アイロン掛けは、できない。

4)ドライクリーニング
番号記号記号の意味
401 ドライクリーニングができる。溶剤はパークロエチレン、又は石油系のものを使用する。
402 ドライクリーニングができる。溶剤は石油系のものを使用する。
403 ドライクリーニングは、できない。

5)絞り方
番号記号記号の意味
501 手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は短時間で絞るのが良い。
502 絞っては、いけない。

★ 表示例